体幹トレーニングで腰痛を防ぐ工夫をしています

腰痛に悩む人が多いですよね。腰痛はガテン系の仕事の人だけでなく、デスクワークをするサラリーマンにも多いです。
つまり、座りっぱなしで動かない、しかも姿勢が悪いという事が原因です。

なぜ姿勢が悪くなるのか。
それは腹筋や背筋の衰えですね。腹筋を鍛えればいいという情報を聞いていきなり腹筋を始めることは、余計に腰を痛めるので注意が必要です。

腰痛を防ぐ、腰痛を治療したいなら体幹トレーニングです。
体幹トレーニングって腹筋じゃないの?という声が聞こえてきますが、違うんですねこれが。

私も腹筋と背筋のトレーニングをすればいいと勘違いしていました。
ところが、体幹トレーニングについてよく調べると回数とか関係ないし、毎日やる必要もないんです。

体幹のことを「コア」と表現することもあるので、コアトレーニングとも呼ばれます。
体幹トレーニングと言えばスポーツ選手では長友選手が有名ですよね。
長友佑都選手は体幹トレーニングのおかげでインテルに移籍出来たと言っても過言ではないと言っています。

さて、40歳過ぎの男性、女性に効果的な体幹トレーニングとはどういった内容なのでしょうか。
私が1年ほど実践して、効果があると感じている方法を紹介します。

通販で購入したDVDなのですが、本橋恵美さんという体幹トレーニングの専門家が指導してくれるものです。

スクープという言葉が出てきますがへそを引っ込めることを常に意識することです。
これだけでも効果がありそうですが、メニューがいろいろあります。

正直言って、キツイメニューもありますがキツイと思ったらやめればいいのもこのトレーニングのよいところです。これで効果が出るんです。

ハンドレッドというメニューがありますが、コレを寝床でやっていると正しい姿勢をとることが体幹トレーニングでは最も重要だという事に気がつきます。

正しい姿勢で少ない負荷の動作を繰り返す事。これだけで効果があります。
私は半年で5センチほどウエストが細くなりました。女房に言わせるとお尻も小さくなったと言うことです。

本橋恵美さんの体幹トレーニングはスポーツマン向けだけではないので、腰痛予防にもどうぞ。

>>詳しくはこちらです

 

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ