STAP細胞はなかったという結論が出たようですが、小保方春子さんが200回も作ったものって
いったい何だったんでしょうね。

STAP細胞が見つかれば、小保方春子がホッとするとか、リベンジとかそんなネタをマスコミも
狙っているのかもしれませんけど、本当は、人類のための「STAP細胞」なんですよね。

街頭インタビューでは、STAP細胞があったほうが助かる人が増えるから、あって欲しい。

そんなコメントもあって、もはや、小保方どうのこうのという人って減っているんだなあと
思いました。
obokata
マスコミも小保方おろしよりも、理化学研究所を相手にした方が相手に不足なし。
小保方さんがパワーアップして復活すれば、それはそれで、リベンジマッチで面白い。


科学への信用が崩れたのか

ノーベル賞を量産している日本ですけど、その影にはこのようなこともあるんだよ。
今回の事件では、そこを教えてくれました。


スポンサーリンク




叩き上げだけが手にするノーベル賞であって、若い研究者には縁が遠い、
まだまだ、先だよ。

そこを言いたい人や、社会もあるのかな。

若くても実力勝負って、ネットビジネスとか、スポーツとか、芸能とか、封建的でない
分野だけなのかも。

STAP細胞はやっぱりありませんでした。でも、私は作れます・・・・

第三者が作れることで、始めて評価されるんです、200回作ったものって一体何。
記者会見を期待したいのは、管理人だけ?

スポンサーリンク