フジファブリックの金澤ダイスケとSuperflyの越智志帆が結婚!
昨日から今日にかけてテレビやネットでトップニュースになっています。

まだ34歳なので子供を生んで音楽家族ってのもいいですね。きっと声量たっぷりの子供になりそうです。(←気が早すぎ!)

芸能人やアーティストもどんどん結婚して家庭や家族を持って欲しいと思っています。結婚っていいよ~とか、家族っていいよ~というコメントが広まれば、若者たちも結婚や家庭に興味が湧くんじゃないですかね。

結婚しなくていいや、ひとりの方が気が楽だし。最近、こういう潮流をたまにみかけますが、せっかくの人生なので、結婚も家庭も経験して欲しいと思っています。僕も結婚して家庭を持ち、子供もいますが、人生ひとりじゃない、みんなで生きて行くって感覚はなかなかよいものですよ。

Superflyの越智志帆さんも、歌手活動がますます盛んになって、妊娠してもパワフルボイスを聴かせてくれたらいいなと思ってます。

ところで、報道は越智志帆さんが夫金澤ダイスケさんを語るものばかり。
金澤ダイスケって誰?って人もいるほどで、フジファブリックファンからすれば寂しいですね。

お相手の金澤ダイスケって本名?

金澤ダイスケは芸名です。まあ、名前がカタカナってことで芸名っぽいですが、じゃあ金澤大介か?というとそうじゃないようですね。

本名は「まさき」とのこと。じゃあなんでダイスケなんて芸名に?ってことですが、金澤さんがキーボードにハマるきっかけとなった「すかんち」の小川文明さんが名付け親のようです。

あのaccessのキーボーディスト「浅倉大介」さんにあやかり、ダイスケとつけたとか。まさに、キーボーディストつながりですね。

金澤ダイスケの出身大学は?実家も話題になってるけどなぜ?

駅伝と言えば青学、青学と言えば駅伝という青山学院大学出身ですが、中退ですね。吹奏楽部の部長として活躍していらしいです。中退の理由は明らかにされていませんが、音楽活動に専念したいという理由が芸能人によくあるパターンですね。

金澤ダイスケさんは茨城県大子出身です。実家はなんとレストラン!よくある音楽一家からキーボーディストになったという生い立ちではなく、レストランの息子として大子町でそだったということです。

ちなみにレストランの名前は「くれしぇんど」なので、音楽に関係あり。大子町の久慈川のそばにある「くれしぇんど」にSuperflyのファン、フジファブリックのファンが集まりそうです。ガンバレ!北関東!
ちなみに住所は「茨城県久慈郡大子町大子町池田2603-3」とのことです。

地図はこちら

フジファブリックの公式サイトでは

2018年4月17日付けで金澤ダイスケダイスケさんから、次のようなコメントがありました。自分がいつのまにか38歳、つまりアラフォーになっていることに驚いていますが、結婚にも驚いているようです。

付き合って1年での結婚だけに、進展ぶりに驚いているんでしょうね。
結婚ってある意味イキオイが必要なので、わかるような気がします。

越智志帆さんへのリスペクトの気持ちと、仕事への熱意が伝わってきてよいコメントだなと思います。

音楽活動でも、夫としても、そしてお父さんになっても頑張って欲しいですね。

いつもありがとうございます。
私事ではありますが、本日2018年4月17日にSuperfly 越智志帆さんと入籍したことを、
ここに報告させていただきます。

驚かせてしまっていると思いますが、はっきり言って僕も驚いています。
思えば38歳、気がつけば38歳、いろんな事があるものです。

志帆さんは、誰からも愛される、聡明で人間的にとても尊敬できる方です。
これからの長い人生、更に気を引き締めていかねばと思う次第です。

来年にはフジファブリックがデビュー15周年を迎えます。
今まで以上に頑張らなければという気持ちでおります。

まだまだ未熟者ではありますが、温かく見守っていただけたらと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いします!

2018年4月17日
金澤ダイスケ