朝ドラの「なつぞら」が楽しみで毎日見ています。基本、朝のBS放送で見るのですが、時間がない時は仕事から帰宅して録画を見ます。

さて、今日は土曜日です。なつぞらのアニメ編がつまらないとお嘆きの職場の仲間もいますが、なつぞらはもともとがアニメーターを目指す女性の物語なのでやむを得ません。

北海道の柴田牧場編が面白すぎたので、状況してからのアニメーター編が霞んでしまうのでしょう。

なんと言っても柴田泰樹役の草刈正雄がかっこよすぎましたからね。

いったい誰と結婚するのだ、なつよ

毎朝、着せかえ人形のような広瀬すずを堪能出来るドラマ「なつぞら」。今の超暑い日本に涼風を吹かせることが出来るのか?

さて、なんと言ってもヒロインなつの結婚はドラマのクライマックスですよね。

誰と結婚するのだろう、どんなプロポーズになるのだろうと、中高年の皆さんは興味津々だったでしょう。

北海道編で、天陽(吉沢亮)といい雰囲気だったので、天陽の結婚でショックを受けたなつ、そして僕たち中高年。

ドラマの最初の頃は、ノブさん、こと工藤阿須加と一緒になるのかな、柴田牧場長男輝男は天陽のライバルでしたし、菓子屋雪月雪次郎もないな・・・と思っていました。

まさか、麒麟の川島とか仲さんこと井浦新もないな・・・

スポンサードリンク

坂場一久ことイッキュウさんのプロポーズ

話が脱線しましたが、とにかく、これという愛の言葉もなく、坂場一久こと中川大志が結婚に突き進み、長編アニメが成功せず、結婚をあきらめるという煮え切らない場面が続きました。

朝ドラのプロポーズにはやはり「好きだ」「アイシテル」「結婚してくれ」「僕に下さい」という言葉に、ヒロインがうなずく、という場面は必須です。

今日(令和元年8月3日)の放送で、その場面を風車で見ることが出来て、やっと週末が来た感じがして、ブログを書き始めました。

クライマックスは土曜日に放送される法則

僕はリアルタイムで朝ドラを見る派なので、どうしてもじっくり見たいです。

映像もさることながら、セリフを聞き逃すと録画で再確認するほどのこだわりがあります。

土曜日の休日の朝に、じっくりとボリュームを大きくしてクライマックスを見る。今日はカミさんと朝食を済ませてから見ました。

じっくりと見ることが出来るので、おでん屋「風車」の亜矢美こと山口智子の立ち回りや、川村屋に報告にいくとなぜか野上こと近藤芳正がうろたえるシーンなど、なるほどなー、ちょっと違和感あるな、と批評しながら見ることが出来ます。

さて、来週の土曜日はどんな展開が待っているのでしょうか?

スポンサードリンク