NHKサッカーテーマ2018はSuchmosの「VOLT-AGE」(ボルテージ)に決まり、ロシアワールドカップの放送でもガンガン流れます。

2016年にHONDA「ヴェゼル」のCMで広く知られるようになったSuchmos(サチモス)のメンバーはボーカルのヨンスをはじめ6人。

それぞれ個性的なメンバーですが、元日本代表の息子がいることは意外も知られていないようですね。

その名は戸塚哲也!

戸塚哲也とはどんな選手だったのが、そもそもメンバーの誰の父親なのか。この情報についてお伝えします。

スポンサードリンク

TAIKING(タイキング)こと戸塚泰貴の父親が戸塚哲也!

Suchmosのメンバーでギターを担当しているタイキング。

名前は戸塚泰貴(とつか たいき)、現在28歳です。名前のたいきからニックネームが「タイキング」なんですね。

サチモスメンバーはこちら

タイキングはこちら

タイキングはギター担当ですが、元ボーカルということもあってヨンスの声に乗せて歌うこともあります。

お父さんの戸塚哲也さんはちょっと強面ですけど、タイキングは王子様風です。
きっと戸塚さんの奥さん似なのでしょうね(笑)

戸塚哲也選手はテクニシャンでゴールゲッターだった

戸塚哲也さんは1961年4月24日生まれの57歳です。

Jリーグが出来るずっと前のことですが、日本リーグというものがありました。

戸塚さんは18歳という当時の最年少デビューで注目されました。
今でいうなら久保建英くんのようですね。

最年少デビューを飾るくらいなので、サッカースタイルは基本的にテクニシャンタイプ。
読売クラブでプレーしていました。

テクニシャンなのでMFとしてプレーしていましたが、監督によってはFWでのプレーを指示することもありました。

当時の読売クラブにはあのラモス瑠偉もいてFW争いもありましたが、戸塚選手はリーグ得点王を取るなど結果を残しています。

読売クラブはJリーグを目指してヴェルディ川崎と変わって行きますが、戸塚さんは得意のドリブルで華麗にデフェンスをかわしてゴールを決めるというプレーは変わりませんでした。

日本代表ではどんなプレーヤーだったのか

18歳でリーグデビューした戸塚選手は19歳になると日本代表に選出されました。

当時、戸塚さんと一緒のプレーした選手は風間八宏(名古屋グランパス監督)、金田喜稔(解説者)というスペシャルなメンバーです。この3人は全員がテクニシャンでした。

中田英寿と遠藤保仁と中村憲剛と中村俊輔が一緒にプレーするようなものですね。

戸塚哲也、風間八宏、金田喜稔という中盤は強力でしたが、日本代表として長くプレーすることはありませんでした。

戸塚さんは代表チームとしてのプレーより所属チームのプレーを希望したのか、当時の代表チームが戸塚さんを必要としなかったのか不明です。

1986年ワールドカップ予選で招集され、もっと早く招集していればという声が聞かれたほどでした。

「戸塚式ひらめきサッカー」という本も出しています

戸塚哲也さんは、「戸塚式ひらめきサッカー」という本も出しています。

僕はなんとこの本を持っています。

昔買った本なのですが、まだ売っているようですね。

戸塚さんは、この本で攻撃のヒントをたくさん紹介しています。

現役時代は本能的なテクニシャンだと思っていたのですが、こうして本を読んでみると
意外にも(失礼!)考えてプレーしていたことがわかります。

本の中身を見ると「2対2」のプレーというものがあります。

戸塚さんは、当時のチームメイトであるラモス瑠偉やジョージ与那城との話を交えて
試合中に2対2の場面があったらどう崩すか、2対1のおいしい場面にもっていくか。

そんなことを書いていますが、しかけるサッカーの醍醐味が伝わります。

今の時代だからこそ「仲間と組んで相手をやっつける」という感覚が必要だと思いますね。

スポンサードリンク