夕べ、LEDシーリングライトが突然切れました。というより、リモコンで点灯させようとしたら反応しませんでした。

リモコンの電池を確認し、壁にある電灯のスイッチを確認しましたが、異常なし。

いよいよLEDシーリングライトも寿命か・・・夕べはそのまま寝ました。

そして、今朝。もう一度、リモコンキーやシーリングライトを点検しました。

LEDシーリングライトの耐用年数は?

説明書を見ながら、ネットで調べました。

耐用年数は40,000時間とのこと。40,000時間っていったい何年?

計算すると、いやこれもネットで検索しました。

40,000÷24÷365=4.566 4年半。

でもこれは24時間つけっぱなしの場合なので、1日に12時間しかつけなければ倍の9年間。

家電メーカーでは「約10年間持ちます」という説明の根拠ですね。

ウチのLEDシーリングランプは大手メーカー製ではなくタキモトというメーカーです。

購入時期は2013年頃です。なんやかんやで6年間持ったということですね。

ちなみに、ダイニングとリビングが続き間なので同じ型のランプをつけました。

ダイニング用はまだ大丈夫なのかな、心配です。

LEDシーリングライトはライトを交換出来ない?

初めてのLEDシーリングライト故障だったので、LEDランプを交換すれば済むと考えていました。

しかし、シーリングライトのカバーを開けてみると蛍光灯の丸いライトはついていません。

基盤にLEDのポチポチがくるまったものが並んでいるだけです。

本体にLEDが固定されています。

LEDのポチポチが並んでいます。

交換出来ないタイプだったので、諦めて購入することにしました。

中を開けて見ると2012年製でした。

ウチのリビングで7年間使用していた訳ですが、各部屋の中でも一番長時間使っていたということになります。

当時の価格は1万円程度で、白からオレンジの間での色調整も出来ました。

スポンサードリンク

アイリスオーヤマLEDシーリングライトの最安値を調べて購入してみる

LEDシーリングライトが安くて評判がいいということでアマゾンで検索するとこのタイプを発見しました。
調光出来て、調色は出来ないタイプです。調色って使うようで使わなかったので無駄な機能は省きました。
それで1,000円近い差があったようです。

これを選んだ決め手はLEDの並び方です。
カタログを見ると、中央部までびっしり並んだLED!

旧型と比べると全然違います。

もう一台ある同じ型のライト。LEDがない場所はちょっと暗め。

今回、新しくしたアイリスオーヤマのシーリングライトのLED

中央部分も輝いています。

LEDシーリングライトのまとめ

LEDに寿命がありますが、それより先に基盤に寿命が来て40,000時間持たないこともあるようです。

7年も使ったLEDシーリングライトですが、あまりに長く使っていたので故障して初めて長寿命だったことに気づきました。

節電が目的で購入したLEDシーリングライトですが、十分に元をとったように思います。

今回購入したアイリスオーヤマ製はさらに節電モード付き。

なお、自分で取り外し、取り付けする時は転倒に気をつけてくださいね

不要になったシーリングライトは自治体によっては粗大ごみになるでしょう。

近所に大型家電店があって、そこで購入すれば無料で処分してくれるところもあるので、処分費を含めて費用を検討することをおすすめします。

スポンサードリンク