サッカー日本代表候補が誰になるのか、次々に名前が上がってくるので
難航しているのかどうかもわかりませんね。

アギーレ監督がアジアカップでベスト8を逃す前から
サッカー協会では後任を探していたとか。

スポンサードリンク

背景には、日本サッカー協会のスポンサーからの圧力もあったとか。
つまり、商品のイメージダウンになっちゃうってことですよね。

サッカー日本代表監督に必要なクリーンなイメージ

日本サッカーのスポンサーといえば、清涼飲料水のメーカー
外車のメーカーが有名ですけど、お金も出すし、発言力も半端ない様子。

そんな中、サッカー日本代表監督としては「クリーン」なイメージ
必要なんですね。

広告塔としての役割も必要とは、監督選びも大変ですが、今日8日になって
ある人物の名前が急浮上しました。

急浮上したミカエル・ラウドルップという名前

ある人物とは、名前は、ミカエル・ラウドルップ。
元デンマーク代表の50歳。

ラウドルップ

現在はカタールのレフウィヤSC監督ですが、今季で引退するという発言も
あって、急上昇したのかも。

カタールのレフウィヤSCの監督になる前にも、イギリスやスペインから
監督のオファーがあったのですが、新しいことに挑戦したいという
理由で断ったとのことです。

サッカー監督としての知名度

サッカー日本代表監督になること、それこそ新しいことなんですけど
ミカエル・ラウドルップという名前を聞いて、知っている人は知っているけど
知らない人は知らないでしょうね。

まあ、古くはオフト、トルシエ、ザッケローニそしてアギーレと
あまり有名でない監督も多かったです。

有名な監督は、やはりオシムやジーコでしょうね。
ジーコ監督の時は、マジかよ~と思ったくらいです。

ラウドルップは、実は知る人ぞ知る、日本に本当に来るのかという
くらい欧米では有名な人なんです。

1996年にヴィッセル神戸で1シーズンだけプレーしたので、覚えて
いる人もいるかも知れませんが、20年近く前のことなのでよほどの
サッカーファンだけでしょうね。

ヴィッセル神戸時代はMFとして活躍
ラウドルップ

バルセロナ時代は40得点の活躍

ラウドルップはテクニック抜群、司令塔としての能力があり
あのバルセロナとレアルマドリードの両チームでプレー。

バルセロナ時代の1991年には、欧州チャンピオンズを制覇。
バルセロナ時代の5年間で40点も取っています。

ですが、もっと貪欲ならもっと取れたはずとチームメイトの
言葉も。

ラウドルップは世界のビックスターだったんですね。

ユベントスやアヤックスでのプレー経験もあり、ヨーロッパサッカーを
熟知している人物と言えますね。

スポンサードリンク

監督としてのキャリアは?

アヤックスを1998年シーズンで現役を引退しましたが
その後、2000年から母国デンマークのコーチとして
指導者のスタートを切りました。

その後
2002年にブレンビー(デンマークのクラブ)
→リーグとカップの2冠達成

2007年にヘタフェ(スペインのクラブ)
→欧州リーグベスト8

2008年にスパルタク・モスクワ(ロシアのクラブ)

2010年にマヨルカ(スペインのクラブ)

2012年スウォンジー・シティ(ウェールズのクラブ)
→リーグ戦制覇

2014年レフウィヤSC(カタールのクラブ)
→現在リーグ戦トップ

という監督経験を積んでいます。

スパルタク・モスクワの監督経験は
ロシアワールドカップに生きて来そうですね。

代表監督としてはどうなのか

キャリアを見ると、代表チームの監督経験はなく
コーチ経験のみです。
ザッケローニもそうでしたね。

はっきり言って、代表監督のしての腕は未知数と
言えるでしょう。

この時期に、代表監督して実績のある人物を見つける
ことはほぼ困難でしょう。

現在、名前の上がっている監督候補は誰か

サッカー日本代表監督の契約金額の予算はズバリ2億円です。
2億円以内で候補とされている監督は次のとおり。

前ポルトガル代表監督のベント氏は45歳と若く
2002年の日韓ワールドカップでは、ポルトガル代表として
出場していました。

ドイツのマガト氏は、61歳で監督経験も豊富ですが、3億円が
条件らしいです。

鹿島の監督だったオリベイラ氏、磐田の監督で去年のブラジル
ワールドカップで監督だったブラジルのフェリペ・スコラリ(66歳)
を入れると、5人ですね。

サッカーの特徴は?どんなサッカーをするのか?

ヨーロッパで選手、監督と含めて30年の経験があるので
バリバリのヨーロッパサッカーですね。

速いショートパスをつないでボールをキープしながら攻撃する
スタイルが特徴のようです。

デンマーク最高のサッカー選手として殿堂入りしているラウドルップが
日本サッカーの指揮を取るなんて、まるで夢のようですね。

早く実現して欲しいです。

スポンサードリンク