GWの2日目2020年5月3日日曜日昼のアッコにおまかせで緊急事態宣言解除について話題になった。
岡田晴恵先生に代わってここしばらくは常連の北村教授は、次のように説明語った。

緊急事態宣言解除の要件とは1日に5人未満を5日連続

北村教授は次のように説明した。

・緊急事態宣言解除は人口10万人当り0.1人未満を5日以上継続
・東京の場合は1日10人未満で5日連続

東京の感染者数は、2020年5月2日は160人、5月1日は165人である。1日に10人未満になる日はいつなのだろうか。

北村教授によると目安は5月末頃と言っていたが、それはもしかして緊急事態宣言の延長が5月末予定という話と合わせているように思える。

自粛できない理由とその状況

5月末で10人未満になるかどうか、その鍵を握るのはひとりひとりの行動。

山梨帰省の20代女性

東京で働く20代女性は東京で味覚異常を感じながらもバーベキューなど行い、緊急事態宣言期間に入って山梨に帰省した。帰省先で具合が悪くなりPCR検査を実施したが、結果を待たず東京へ移動。しかも高速バスを使って。まさか自分が、ひとりくらいなら大丈夫だろう。女性の親や実家はどう思っているのか、バーベキューをした仲間はどうなのか。感染拡大はこのようにして広まっていく。

登山の25歳男性

登山は三密でないからいいだろうと登山したのか、入山禁止の栃木の山で遭難事故が起きた。
川崎市の25歳男性は登山したはいいが途中で靴が脱げて靴を亡くしたらしい。足は凍傷になった。
救助を要請してヘリコプターがホバリングしながらの救助、命がけである。
救急隊やヘリ、収用先の病院に多大な迷惑をかけた。栃木、茨城、埼玉でも感染者は増えている。
このような救急処理で病院に余計な負担がかかり医療崩壊の原因になることは悲しいことだ。

札幌帰省の51歳男性

国民は帰省をぐっと我慢しているが、札幌では墓参りを理由の帰省が発覚した。
51歳無職の男性は車を運転しながら飼犬を膝の上に乗せていたところを警察に見つかった。道交法違反である。
しかし、逃げようとしたため現行犯逮捕となり、帰省したことが発覚して新聞記事になってしまった。
若い人だけでなく51歳中高年も帰省してしまう、しかも感染拡大の北海道へ帰省するということで事態は重い。

関連記事(まだ感染拡大していない時期の記事ですが、感染が拡大していることがよくわかります)

仙台で初の新型コロナウイルス感染者が!東北初!仙台市長の記者会見まとめ

宮城県はクルーズ船下船8人を再検査し拡大防止へ健康観察をする