最近の本を見ると、空腹が長寿と健康の秘訣らしいですね。
なんでも、サーチュイン遺伝子という物質が関係しているらしいです。

空腹になるコツは、少食と減食。
1日に1食という欠食も空腹をつくるそうです。

以前、タモリが一日に一食、夕食のみという噂を聞いたことがあります。
たしかに、タモリは健康に気を使っているって感じですよね。

スポンサードリンク

サーチュイン遺伝子ってとても気になるのですが、ちょっと調べると
こんな情報がありました。

サーチュイン遺伝子を活性化する方法はAGEsを減らすとか食べないこと
らしいですね。

終末糖化合物とは、グルコース、ブドウ糖などの還元糖が、蛋白質のアミノ基と
非酵素的に反応して生成される物質とのことですが、糖とタンパク質の食べ方にコツがあるようです。

AEGsが多く含まれる食品は、肉、脂質、揚げ物、炒め物、焼き物だそうです。

AGEsが少ない食品は、魚やトウフ、穀物、果物、野菜だそうです。

これらは、素材がもつ含有量なので、調理法でも変わるらしいです。
タンパク質を揚げる、炒める、焼くことでAGEsは増加します。

煮る、蒸す、生、レンジ、酢の物にすることでAGEsの増加が防げます。
たとえ低カロリーでもAGEsの多い食事、サーチュイン遺伝子を活性化しないということです。

スポンサードリンク