夏場はごぼう茶をちょっと冷やして持ちあるく。水分補給はノンカフェイン飲料で!

ここのところのの夏の暑さは尋常じゃないですね。中高年には厳しすぎます。
水分補給が大切ですが、ボクはごぼう茶を作ってちょっと冷やしてボトルに入れて持ち歩いています。

スポンサーリンク

ごぼう茶はノンカフェインなので夜も安心して飲める

冷やしたごぼう茶はさっぱりしますよ。後味がさっぱりしているのと、ノンカフェインなので夜も安心して飲めます。午後にカフェイン飲料を飲むと夜に眠れなくなる方もいるので、ごぼう茶なら安心です。

利尿効果があると言われるごぼう茶は、水分を外に出してしまうから夏場の熱中症対策にならないのではないか。と思われがちですよね。

たしかにコーヒーなどのカフェインを多く含む飲料は夏場は控えた方がよいでしょう。口から飲んだ水分は、体温を下げるために血液の中に入って汗として出てくれることが大切ですね。

ごぼう茶の利尿効果はカフェインの利尿効果とは違う

ごぼう茶を体験した方が「利尿効果がある」と言う理由のひとつには、実はごぼう茶に含まれる食物繊維「イヌリン」にあると言われています。

ひと口に利尿効果と言っても体内の水分が尿となって出ていくのと、イヌリンが体の中の不要な物質を抱き込んで排出してくれるのとでは違いますね。

必要な水分まで排出してしまうカフェインの利尿効果に比べ、イヌリンの利尿効果はむくみの原因となる余分な水分を排出してくれるというところが大きな違いです。

妊婦さんや授乳中のお母さんにも人気のごぼう茶

ノンカフェイン飲料しか飲めない妊婦さんや授乳中の母たちに人気なごぼう茶はなんと言っても腸内環境がよくなることとむくみが無くなることがうれしいようです。

注目されていいのが、カリウムですね。妊婦さんも悩む高血圧ですが、中高年も高血圧に悩んでいます。
高血圧の改善方法のひとつとしてカリウムを摂取することがよいと言われていますが、ごぼう茶のカリウムは妊婦さんから中高年のお父さん方まで味方になってくれるでしょう。

●南雲先生のごぼう茶はこちらから!

>>あじかんのごぼう茶(南雲先生)の商品を見てみる(楽天)

 

当ブログのごぼう茶記事はこちら

ごぼう茶健康法の効果が出てきました!便通や尿の出方に変化が出てきました
ごぼう茶を飲み始めて10日たちました。 南雲吉則さんは何年も飲んでいるそうなので、自分はどれくらい続くのかトライです。私は毎日のごぼう茶が楽しみなんですが、家族、特に息子たちは匂いが気になると言います。 独特の匂いがしますが、ごぼうの匂...
ごぼう茶を飲み始めましたが快腸です。南雲先生の本の影響です。
南雲吉則医師が書いた本「50歳でも30代に見える…」ってタイトルなんですが、このタイトルがすごく気になっていました。 本の中身は少食にすると延命遺伝子が活発になって、老化防止になる。つまり、アンチエイジングということがメインでした。 ...

ごぼう茶健康法がもっと広まると中高年も元気になるでしょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました