ホットアイマスクは女性向けの美容グッズという印象がありますね。確かに、まぶたのむくみや目の下に出来たクマに悩む女性には大きな味方です。
しかし、ホットアイマスクの効果はそれだけでなく、視力回復にも効果があるんです。

花王の「蒸気でホットアイマスク」が人気ですが、その人気の理由とホットアイマスクの効果についてお伝えします。

ホットアイマスクが視力回復に効果がある理由とは

ホットアイマスクを使うとなぜ視力回復効果があるのか?いくつか理由があるようです。

目の周りの血流をよくする

長時間のパソコン作業や長時間スマホやタブレットを眺めていると、目の周りの筋肉が緊張し続けます。筋肉が緊張すると血流が悪くなり、眼精疲労の原因になります。

この眼精疲労が毎日起きるようになると視力の低下、まぶたのむくみや目の下のクマができやすくなります。目の下のクマは睡眠不足が原因と言われますが、目を酷使し続けてうっ血している証拠です。

ホットアイマスクを使用すると目を閉じることになりますし、眼球と目の周りの筋肉の緊張をほぐします。温熱作用が血流をよくしますので、鬱血(うっけつ)が解消されます。

蒸気がやさしくマッサージしてくれる

手や指をつかってこめかみやまぶたを優しくマッサージしても血流はよくなるのですが、まぶたのマッサージはとてもむずかしいです。ホットアイマスクなら程よい圧迫感と温熱効果がマッサージと同じ効果をもたらしてくれます。

一定期間続けることで、眼球を支える毛様筋やまぶたの周囲の筋肉の疲労物質が少なくなり、血行がよくなることで目に酸素や栄養が行き渡るので、視力回復に効果があるというわけです。

スポンサードリンク

中高年の視力低下に効果が期待できる

中高年のサラリーマンや主婦も目を酷使していますよね。特に、現代はスマホ社会ということで、小さい文字が見えないと生活に支障が出る場面もあります。
中高年の抱える悩みは老眼と近視の二重苦です。

スマホの普及とともに老眼鏡や拡大鏡も普及しています。ハズキルーペがその代表ですね。メガネやルーペなど道具を使って見えるようにすることで目が楽になる感じがします。
しかし、目が楽に感じる一方で、目を酷使することにもつながっているのが中高年世代です。

疲れが抜けにくくなっている中高年世代は体全体でなく、目などのパーツごとに疲労を取る必要があります。ホットアイマスクは目の疲労を軽減すると同時に次のような効果があり、結果として中高年の視力改善に役立っているようです。

目を閉じることでリラックスし副交感神経が優位になる

目を見開くだけで、目を支える毛様筋やまぶたの周囲の筋肉が緊張します。同時に、目から入った映像を処理するために脳が働きます。目を空いているだけで、視野を確保しようと首は頭を固定しようとするので首から肩にかけての筋肉も緊張します。

ホットアイマスクを付けながら椅子を倒すか、ソファに座るか、布団に横になることで首から頭にかけての筋肉が緩みます。

マインドフルネスとの併用も

目を閉じてホットアイマスクの温熱を感じて呼吸に集中するとリラックスして副交感神経が優位になります。

マインドフルネスがビジネスマンから学生まで広まっています。あのGoogle社もマインドフルネスを採用しています。

ホットアイマスクは目に入る光を遮断してくれるので、静かな環境で行えばマインドフルネスとの併用も可能ということですね。

花王の「蒸気でホットアイマスク」はこの快適時間が20分続きます。寝てしまう人もいるほどです。副交感神経が優位になることで免疫力がアップし、食欲不振や頭痛などの不快な症状も緩和されます。

ホットアイマスクの種類

ホットアイマスクには花王の「蒸気でホットアイマスク」のほかに、次のような製品があります。

電子レンジでチンするタイプ

 花王の「蒸気でホットアイマスク」は使い捨てですが、電子レンジでチンして温めて目の上に乗せるタイプが販売されています。

 経済的ですが、外出先では使えない(レンジがあれば使えます)、加熱しすぎると熱すぎてしまうなどの使用上の注意が必要です。

 布の袋に小豆を入れるという方法も民間療法として伝えられているようです。
 花王の「蒸気でホットアイマスク」ほどではないですが、わずかに蒸気が出るので、保湿効果や乾燥防止効果が期待できます。

USBや電源に接続して使うや充電できるタイプ

 これも繰り返し使用可能です。電源さえあればどこでも使えるメリットがあります。多くの商品はタイマーがついているので、使用時間を決めることが出来ます。

バッテリー内蔵コードレスタイプもあります。SNS映えすると好評です「マツエク」対応の3Dホール(目に当たる部分がえぐれている)が女性に優しいですね。

マツエクしてても使えるアイマスク

まとめ

花王の「蒸気でホットアイマスク」を中心に紹介しました。ホットアイマスクは医療機器ではないので、病気の治療を目的とする使用はオススメできません。

また、女性はメイクがとれてしまう心配もあります。男性向けの色も発売されています。

ホットアイマスクの効果的な使い方として、くまを取る効果や、腫れぼったいまぶたのむくみをとって二重をくっきりさせることも目的のひとつです。

現代は目を酷使する社会なので、目にやすらぎを与えることで目の負担も軽減され、視力の維持や疲れ目による視力の低下を抑え、視力アップも期待できるということですね。

目をケアすることが現代では必要不可欠です。衛生的なケアとして「蒸気でホットアイマスク」が評判になっている理由もよくわかりますね。

スポンサードリンク