長年、痔に悩んでいました。ここだけの話です。
ブログに書いてしまったらバレバレですね。

でもアラフィフになったらもう治すしか無いと思って思い切って肛門科に行きました。

いいですか、痔かなと思ったら内科とか消化器科でなく、肛門科ですよ。

一生のことなのでいい肛門科を選んで診てもらって下さい。

痔の診察に行ったら肛門科の待合室を見てびっくり

待合室に行くと、椅子には円座クッションが並んでいました。そしてトイレがたくさん。
はじめて見た光景です。

そして患者さんには女性が多いこと、若い女性が多いことにびっくり。
妊娠がきっかけで痔になる人が多いとのこと。

そして、トイレが5つも6つもあるんです。
大腸の内視鏡検査の時に浣腸をするのですがその時に飛び込むトイレもありました。

いやー専門医は違うな。

痔の診察の様子

診察は四つん這いになって肛門を医師に見せるとばかり思っていましたが
横に寝て膝を曲げるだけでOKでした。

白い布をかけてくれて、隣の患者さんからは見えないしとてもいい雰囲気です。
これなら女性でも抵抗なく診察してもらえそうです。

診察の様子はちょっと別の機会にしておいて・・・

診察の帰りに購入したもの

肛門に刺激を与えないこと、うっ血しないようにすることが大事と教えられました。
円座クッションがないなら購入した方がいいというアドバイスです。

さっそく帰りに円座クッションを購入しました。

実はすぐ治るだろうと思って何個か買ったことがあったんですが、薬局で

かった円座クッション、これがグッドでした。

家に帰ってネットで検索すると1000円ぐらい安くなっていたので、ちょっと失敗。

円座クッションをネットで見てみる

同じ商品でも薬局とネットで値段が違うとショックです。
皆さんにはネットで送料込みの価格を見て購入して下さいね。

管理人の一押しはコレです。画像はアマゾンです。

楽天ポイントを持っている方はこちら
>>楽天市場で「痔」用の円座クッションを見てみる