2014年9月17日放送のためしてガッテンで、高齢者の筋トレ特集を発見。
リアルタイムでは見られませんでしたが、カミさんがしっかり録画。

カミさんが録画した理由は、最近痛めた膝の治療には筋肉をつけることが
必要だと医者にいわれたため

ためしてガッテンでは、高齢者が筋肉をどんどんつけていく様子を放送。
さて、その方法とは。
ためしてガッテン
エベレストを制した三浦雄一郎さんが日常のトレーニングに取り入れているような
早歩きエクササイズでした。

三浦雄一郎さんのように重い荷物は背負わないのですが、とにかく早歩きする。

3分は続けて早歩き。つかれたらだらだら歩き。
回復したらまた早歩き。これを30分から1時間繰り返すという方法です。

スポンサードリンク

早歩きの驚くべき効果とは

長野県松本市では高齢者向けのエクササイズとして普及しまくり。
サルコペニアという言葉、異質性脂肪という言葉でスタートしたためしてガッテン
ですが、最後は、「歩き」でした。

ただし、この「早歩き」がバカに出来ない。

若い人は筋トレの効果が現れやすいのですが、高齢者は同じトレーニングを
しても、筋肉パワーがつきにくい。逆に衰えることもあるようです。

しかし、運動後30分以内にあるものをごくごく飲むことで、筋力アップ。
若者のようにパワーアップするということです。

ある飲み物とは、なんと牛乳

え、牛乳?脂肪多くない?

と思ったら、低脂肪乳でも良いらしいです。

つまり、運動で損傷した筋肉をタンパク質を含んだ牛乳で早く修復するって事です。
タンパク質は分解されるとアミノ酸になるので、実際はアミノ酸って事。

思ったのですが、牛乳でなくても、アミノバイタルとかアミノ酸系
飲料でもいいのでは?
見かけなくなったアミノバリューとか、プロテインバーじゃどうなの。

高齢者が飲み慣れて日常的なものが牛乳だったので、牛乳になったように
思いますが、乳糖不耐症で下痢になる人はやはり低脂肪乳でしょうね。

そこまで突っ込んで欲しかったぞ、ためしてガッテン!

スポンサードリンク