日本サッカー協会が白羽の矢を立てたアギーレ氏。

今月末には、9月5日のウルグアイ戦のメンバーを発表します。
すでに、本田や香川が外れているのではないかというマスコミの噂です。

さて、2002年、2010年とメキシコ代表を率いたアギーレ氏ですが
2大会も代表チームを引っ張ったという経験は、ザッケローニ氏になかったもの。

つまり、代表チーム監督経験という部分で、アギーレ氏が日本代表監督に
必要だったという訳ですね。

2010年のワールドカップ南アフリカ大会のあとにもアギーレ氏の名前が
あがりましたが、アギーレ氏はプライベート優先なのか辞退。

その後、ブラジル大会のあとのオファーでは受け入れてくれましたが
4年間、サッカー協会の原さんがラブコールを送り続けていたそうです。

アギーレ氏の手腕は、代表チーム監督として、知り合いの他国の監督に
対して、親善試合、つまり、練習試合ですが、セッティングすることが出来るということ。

ザッケローニ氏は、マッチメイクは協会任せだったので、どうしても商業ベースで
強豪チームを呼べませんでした。

ジーコジャパンの頃は、ジーコを慕うチームが日本と対戦してくれたメリットが
あったのですが、中田英寿に任せっきりでチーム監督としては今ひとつ。

アギーレ氏は、協会やマスコミ、そして、選手に対しても自分の経験から
アレコレと口を出すことでしょう。
それが出来るということが、手腕です。

例えば本田に対しても、香川に対しても、代表チームの試合に呼ぶよりも
自分のチームでの今の立場を考慮して、「来なくていいから、自分のチームで
しっかりやりなさい」という態度に出ることが出来ます。

そうすると、代表チームの親善試合には若手が起用されたり、今まで固定メンバーで
出場出来なかった選手が起用されます。

新陳代謝と社交力で日本代表を復活出来る。

アギーレ氏あっぱれと言われるようサンデーモーニングに期待です。