ヨーグルトで病気の予防、病気の治療

ヨーグルトは善玉菌ですね。
善玉菌以外は悪玉菌。

腸はかしこい、脳はバカとかいう本がベストセラーに
なりましたが、健康をつかさどるのは腸だそうです。

腸の中に善玉菌と悪玉菌の縄張り争いがあって
悪玉菌が多くなると病気になり、善玉菌が多いと健康になる。

簡単な理屈ですが、不思議だなあと思うことは
世界の歴史の中で、ヨーロッパや日本やアジアでそれぞれに
牛の乳を用いた発酵食品が食べられていたことです。

かのチンギス・ハーンもヨーグルトを食べていたそうですし
軍隊が食料のメインとして欠かせなかったらしいです。

日本でも太古の昔は「醍醐味」という言葉があったように
乳の発酵食品がありました。

日本の場合は宗教上の理由かな、しばらく牛の乳を飲むことが
戒められましたね。

戦国時代や江戸時代にヨーグルトがあったら武士ももっと
長生き出来たかも知れません。

ヨーグルトの食べ方は、プレーンなものをそのまま食べることが
もっともシンプルです。

最近のヨーグルトは酸っぱさが抑えられているので、そのままで
後味も爽やかに食べられます。

胃酸に乳酸菌が負けないためには、何かを食べたあとが良いらしいです。
3食食べなくとも1食でも効果があるらしいです。

スプーンですくって食べることが面倒という方は
容器のまま、激しくシェイクするとトロトロになります。

これは飲むヨーグルト状態。しかも甘味料なし!

価格も安いプレーンヨーグルトが中高年の健康づくりと
成人病予防に役立つ。

さっそくコンビニを覗いてみましょう。

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ