ごぼう茶健康法の効果が出てきました

ごぼう茶を飲み始めて10日たちました。
南雲吉則さんは何年も飲んでいるそうなので、自分はどれくらい続くのかトライです。

私は毎日のごぼう茶が楽しみなんですが、息子たちは匂いが苦手と言います。

まあ、子供はビールでも苦いって嫌いますからね。

さて、ごぼう茶を飲んでからの体験レポートです。

まず、尿が多くでるようになりましたね。
利尿効果があることはよくわかっていたのですが、体験すると効果を確認できました。

朝、マグカップにごぼう茶を飲むのですが、出勤前に通常どおりの尿がでます。

オフィスに到着すると尿意があり、午前中に2回ほどトイレに行きました。
通常、オフィスではトイレに行くことは午前中に1回程度なんですが、尿が出る回数が
増えました。

水分をとるから尿が出ることは当たり前と思うかも知れません。

私はこれまで、白湯を飲んでいたんです。朝にマグカップ2杯。
これはこれで効果がありました。

でも、ごぼう茶のように利尿効果はなかったように思います。
便通の効果はありましたけどね。

そして冬場は白湯を飲むと、腸が活発になって便がしっかり出ました。

ごぼう茶の利尿効果を証明する方法として、むくみが少なくなったことも発見です。

靴下の跡がつきにくくなったという事を発見。
自宅に帰って風呂に入るときに、いつもは靴下のゴムの跡が残っていて膝から下が
少々浮腫んでいるように感じていました。

利尿効果のせいか、むくみが少なくなり、靴下の跡がわずかに残る程度です。
姿見というほど大げさなミラーではないのですが、足が細く映って見えます。

むくみは下半身だけでなく、顔にも出るのですが、朝に起き抜けで鏡を見るとき
以前はまぶたが腫れていることがしばしばありました。

ごぼう茶を飲み始めてから、朝の顔が引き締まって見えます。
これは意外な効果ですね。

このようなごぼう茶の利尿効果は3,4日で現れたのですが、調子に乗った私は
ごぼう茶を水筒に入れてオフィスに持っていくようにしました。

今は寒い時期なので、水筒と言っても保温タイプです。

オフィスでお茶がわりに飲みます。500CCぐらい飲みますね。

そのせいか、午後になっても尿がたくさんでるようになりました。
事実、尿がしっかり出るということは気持ちがいいことですね。

むくみ解消、利尿効果をまず体験しました。

さらに、ごぼう茶の効果がありますが、続きは別のページにて。

国産ごぼう茶です

 

 

 

朝のごぼう茶作りの必須アイテム、笛吹ケトル(アマゾン)
沸騰したら、ごぼう茶をひとつまみ入れて5分間煮出します。

オフィスでごぼう茶を飲むためのTHERMOS 真空断熱ケータイマグ
冷温両用です。防災グッズとしてもOK。

 

 

 

関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ